イベントを読み込み中

« すべてのイベント

patten AV LIVE TOUR 2017 in OSAKA

2017/12/03

イベント ナビゲーション

エイフェックス・ツイン、ボーズ・オブ・カナダ、オウテカに次ぐ才能、パテンの再来日公演が決定!
大阪公演には唯一無二のグルーヴで、世界的な評価を得ているmouse on the keysが共演決定!

GUEST:
patten
mouse on the keys

OPEN 18:00/ START 19:00
ADV: 2,500yen
DOOR: 3,000yen
※別途1d: 600yen

詳細

日付:
2017/12/03
イベントカテゴリー:
,

patten | パテン

ロンドンを拠点とする新鋭プロデューサー、パテン。2006年にレーベル【Kaleidoscope】を設立しリリースした初期作品が高く評価され、グライムスやナイト・ジュエルらを輩出し、新人発掘に定評がある【No Pain In Pop】からデビュー・アルバム『GLAQJO XAACSSO』をリリース。ロンドンに無数に存在する異なるアンダーグラウンド・シーンが交差する場所から生まれた唯一無二の才能と称され、エイフェックス・ツイン、ボーズ・オブ・カナダ、オウテカらを引き合いに、【Warp】黄金期に通ずる実験性と音楽性の高さが絶賛された。2013年11月に【Warp】との契約を発表すると同時に、【Warp】からのデビュー作となるEP作品「EOLIAN INSTATE」を発表。その一週間後には、【Warp】と国立美術館のテート・ブリテンがコラボレートして開催したオーディオ・ヴィジュアル・イベント【Warp x Tate】に、ターナー賞も受賞している現代芸術家ジェレミー・デラー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ハドソン・モホークらと共に出演。2014年2月、2ndアルバム『ESTOILE NAIANT』をリリース。その後、2年振りとなる無料ミックス・テープ『RE-EDITS vol 2』を発表。"J $tash x Andy Milonakis x Kohh - HIROI SEKAI"のRe-editををはじめコクトー・ツインズ、ティム・ヘッカー、リハナ、デス・グリップス、サイプレス・ヒル、ジュリアナ・バーウィックらのパテンeditを披露し話題になる。2016年9月には3rdアルバム『Ψ』をリリース。トラップ、レイヴ、グライム、インダストリアルなど、ロンドンのモダン・クラブ・サウンドを解体、再構築した最先端ポップス!2017年6月には最新EP『Requiem』をリリース。

mouse on the keys

川﨑昭(Drums)、新留大介(Piano / Keyboard)、清田敦(Piano / Keyboard)によるトリオ編成のインストゥル メンタルバンド。ポスト・ハードコア、テクノ、現代音楽などをミックスしたサウンドとミニマルで幾何学的抽 象を思わせる映像演出によるライブパフォーマンスは、国内のみにとどまらず、海外でも多大な反響を呼んでい る。これまで北米、南米、ヨーロッパ、アジアの各国を勢力的にツアーし、2016〜2017 年にかけての北米ツア ーでは、ロサンゼルス、シアトル、フィラデルフィアなどの都市でソールドアウトとなり大盛況となった。代表 作に EP『Sezession』などがある。
 
http://mouseonthekeys.net

patten | パテン

ロンドンを拠点とする新鋭プロデューサー、パテン。2006年にレーベル【Kaleidoscope】を設立しリリースした初期作品が高く評価され、グライムスやナイト・ジュエルらを輩出し、新人発掘に定評がある【No Pain In Pop】からデビュー・アルバム『GLAQJO XAACSSO』をリリース。ロンドンに無数に存在する異なるアンダーグラウンド・シーンが交差する場所から生まれた唯一無二の才能と称され、エイフェックス・ツイン、ボーズ・オブ・カナダ、オウテカらを引き合いに、【Warp】黄金期に通ずる実験性と音楽性の高さが絶賛された。2013年11月に【Warp】との契約を発表すると同時に、【Warp】からのデビュー作となるEP作品「EOLIAN INSTATE」を発表。その一週間後には、【Warp】と国立美術館のテート・ブリテンがコラボレートして開催したオーディオ・ヴィジュアル・イベント【Warp x Tate】に、ターナー賞も受賞している現代芸術家ジェレミー・デラー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ハドソン・モホークらと共に出演。2014年2月、2ndアルバム『ESTOILE NAIANT』をリリース。その後、2年振りとなる無料ミックス・テープ『RE-EDITS vol 2』を発表。"J $tash x Andy Milonakis x Kohh - HIROI SEKAI"のRe-editををはじめコクトー・ツインズ、ティム・ヘッカー、リハナ、デス・グリップス、サイプレス・ヒル、ジュリアナ・バーウィックらのパテンeditを披露し話題になる。2016年9月には3rdアルバム『Ψ』をリリース。トラップ、レイヴ、グライム、インダストリアルなど、ロンドンのモダン・クラブ・サウンドを解体、再構築した最先端ポップス!2017年6月には最新EP『Requiem』をリリース。

mouse on the keys

川﨑昭(Drums)、新留大介(Piano / Keyboard)、清田敦(Piano / Keyboard)によるトリオ編成のインストゥル メンタルバンド。ポスト・ハードコア、テクノ、現代音楽などをミックスしたサウンドとミニマルで幾何学的抽 象を思わせる映像演出によるライブパフォーマンスは、国内のみにとどまらず、海外でも多大な反響を呼んでい る。これまで北米、南米、ヨーロッパ、アジアの各国を勢力的にツアーし、2016〜2017 年にかけての北米ツア ーでは、ロサンゼルス、シアトル、フィラデルフィアなどの都市でソールドアウトとなり大盛況となった。代表 作に EP『Sezession』などがある。
 
http://mouseonthekeys.net