イベントを読み込み中

« すべてのイベント

KiNK live Supported by COCALERO

2018/11/17

GUEST:
KiNK (Bulgaria) -Live
Yoshinori Sunahara(砂原良徳) -long set-

VJ:
Kozee

OPEN 23:00
ADV: 2,500yen
DOOR: 3,000yen
※別途1d: 600yen

詳細

日付:
2018/11/17
イベントカテゴリー:
,
KiNK (Bulgaria)
ブルガリア出身のKiNKは、〈Rush Hour〉、〈Ovum〉、〈Macro〉、〈Modnight Shift〉などからのリリースや、多くのリミックスを手掛け、数多くのアンダーグラウンドヒットを生み出してきたアーティスト。オールドスクールなハウスサウンドとテクノ、エクスペリメンタルな要素がユニークかつハイレベルにミックスされたその独自のサウンドはDixon、AmeなどのトップDJから常にサポートされ、一気にトップアーティストへと駆け上がっていった。彼を、いま最も時の人と言える所以はそのライヴセットにある。ドラムマシンを打楽器のように演奏し、キーボードでメロディーを紡ぐKiNKのパフォーマンスは、機会演奏が中心のエレクトロニックミュージックでは忘れられがちな「ライブ感」に溢れている。即興的なライヴセットは評価が高く、『Resident Advisor』のリーダーズポールにおいては、2015年、2016年の2年連続で「Top Live Acts」でNo.1アクトに選ばれ、現在、最もブッキングすることが難しい一人である。
KiNK (Bulgaria)
ブルガリア出身のKiNKは、〈Rush Hour〉、〈Ovum〉、〈Macro〉、〈Modnight Shift〉などからのリリースや、多くのリミックスを手掛け、数多くのアンダーグラウンドヒットを生み出してきたアーティスト。オールドスクールなハウスサウンドとテクノ、エクスペリメンタルな要素がユニークかつハイレベルにミックスされたその独自のサウンドはDixon、AmeなどのトップDJから常にサポートされ、一気にトップアーティストへと駆け上がっていった。彼を、いま最も時の人と言える所以はそのライヴセットにある。ドラムマシンを打楽器のように演奏し、キーボードでメロディーを紡ぐKiNKのパフォーマンスは、機会演奏が中心のエレクトロニックミュージックでは忘れられがちな「ライブ感」に溢れている。即興的なライヴセットは評価が高く、『Resident Advisor』のリーダーズポールにおいては、2015年、2016年の2年連続で「Top Live Acts」でNo.1アクトに選ばれ、現在、最もブッキングすることが難しい一人である。